このエントリーをはてなブックマークに追加

IMAG0222早朝は晴れていて、日中は雨が降ったりやんだり、夕方また晴れてと変わりやすいお天気の一日でした。
帰り道、もうすぐ家というときに、空に、はっきりとした大きな虹がかかっているのに気づき、きれいで、なんだか嬉しい気持ちに(*´▽`*)
そして、小学校5年生か6年生のときに、親友のけいちゃんが書いた詩をとてもいいなと感じたことを思い出しました。ふいに現れた虹を見ていたら、すぐに消えてしまったけれど、その空をいつまでも見ていた、みたいな詩だったと思うのですが、詩そのものは全く覚えてなくて・・・ なんでか、いいなと思ったそのときの気持ちを虹を見ると思い出すのです(●´ω`●)

不動産みーとヒア