不動産 みーとヒア

上溝駅を中心に相模原市での住まい探しをお手伝いさせて頂きます。あっとホームな不動産 みーとヒアです、是非お気軽にお立ち寄り下さい。

不動産 みーとヒア
神奈川県知事免許 (2)第28577号
〒252-0242
神奈川県相模原市中央区横山6-8-9
JR相模線上溝駅より徒歩4分
TEL.042-852-2329 FAX.042-852-2330
http://fudosan-meethere.com
E-mail: info@fudosan-meethere.com

不動産売却の手順
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却の手順

不動産売却のフロー例とポイントをご紹介します。

  1. 価格査定
  2. 販売活動
  3. 売買契約
  4. 引渡準備
  5. 決済・引渡

価格査定

○まずは簡易査定をしてもらいましょう
住み替えする、遺産相続のため現金化するなどご売却理由は様々だと思いますが、まずは査定し想定プランそのものを検証しましょう。簡易査定はほとんどの不動産会社で無料で行ってもらえます。まだ先の住み替えであっても現在の資産価値を知ることや定期的に査定を行い、売却価格をイメージしながら住み替え資金プランを考えるが大切です。
→無料査定致します、お気軽にご相談ください。

○現地調査などによる正確な査定
売却ご意思がある程度固まったら、訪問等により正確な価格査定を行います。(1)現地や周辺環境 (2)登記事項証明書などの公簿 (3)法令制限 (4)生活関連施設など多岐にわたり不動産調査を行います。ご購入された時の売買契約書、重要事項説明書や建築確認書などの図書をご用意ください。
→調査結果、流通取引の相場や動向を踏まえ査定価格(概ね3ケ月以内の成約を目処とした価格)をご報告させて頂きます。

販売活動

○媒介契約は3タイプあります
売却を不動産会社に依頼する場合、お客様と「媒介契約」を結ばせて頂きます。媒介契約には、3タイプの媒介契約があります。

(1)専属専任媒介契約
1社の不動産業者にのみ仲介を依頼する契約です。5日以内に指定流通機構への登録、お客様へ1週間に1回以上の状況報告が義務付けられます。
(2)専任媒介契約
1社の不動産業者にのみ仲介を依頼する契約です。7日以内に指定流通機構への登録、お客様へ2週間に1回以上の状況報告が義務付けられます。
(3)一般媒介契約
複数の不動産業者に重ねて仲介を依頼できる契約です。お客様が媒介契約を結ばれている他の不動産業者を明示する「明示型」と明らかにしない「非明示型」があります。

指定流通機構へ登録されると会員各不動産会社がオンラインで物件情報を取得できます。広く購入希望者を探索でき、早期成約が期待できます。
→弊社は、全日本不動産協会に属した会員不動産会社です。ご売却物件に対する問い合わせ状況や反応、あるいは広告などを含めた売却活動の経過報告、また、早期成約に向けた戦略立案・販売活動を行っていきます。

売買契約

○物件状態など売主様の告知が重要です
お客様の物件を気に入られた購入希望者がありましたら弊社にて代金支払い方法やお引き渡しの付属物や時期など取引条件に関して交渉・調整を行い、売買契約書(案)を作成していきます。

また、諸条件が合意できると、重要事項説明書を作成し、お客様(売主様)もご臨席の上で、購入希望者に物件のご説明を行います。対象物件に関わることを全て購入希望者に文書で説明し了解を得ることが必要です。ご確認頂ければ売主様の署名・捺印をお願いします。
→トラブルや損害発生を防止するため物件に関わる情報提供・告知が大変重要です。安全な不動産取引に努めますので、よろしくお願いします。

○売買契約
購入希望者がご購入を決定されると業者仲介のもとで売買契約を締結頂きます。
売買契約書は売買代金に応じた印紙を貼り、消印し、契約書所定の欄に売主様、買主様双方の署名・捺印を頂きます。

売買契約書は重要事項説明書と重複する部分も多いですが、万一紛争が生じた場合などに解決の基となる書面ともなります。また、締結すると売主様・買主様双方に契約に基づく権利と義務が発生し、一方の都合で簡単に契約解除はできません。
→記載内容をしっかり理解・把握しご不明点等ありましたらスタッフにご質問ください。

○売買契約時に売主様にてご用意頂くもの

(1)印鑑(認印で可) (2)印紙(契約書貼付用) (3)仲介手数料(規定料金の半額)
→売買契約において買主様より手付金を受領することになりますが、住宅ローン不成立などで返還しなければならなくなることもありますのでご留意願います。

引渡準備

○抵当権抹消等
物件に所有権以外の権利が設定されていない場合は特に問題はありませんが、住宅ローン、その他借入金等の残債が残っていて、抵当権などの権利が設定されている場合は、事前に自己資金等でその債務を完済し、抵当権等を抹消しておく必要があります。
→売買代金等で抵当権抹消をお考えの場合は、予めご相談ください。決済方法等を金融機関等とご調整します。

○最終確認
決済前(売主様が引越しをされた後などに)買主様と物件最終確認を行います。隣地との境界や、売買契約時に作成する「付帯設備表」および「物件状況等報告書」との整合を確認します。
→物件の引渡しの準備として、売買契約の時に決めてある条件の状態にする必要があります。また、付帯設備の説明書等ご用意頂ければ確認しやすく助かります。

決済・引渡

○残代金受領と鍵引渡
取引の最終段階です。司法書士にて所有権の移転登記等に必要な書類(売主様、買主様双方の)を確認します。所有権以外の権利が設定されている場合は、その権利の抹消書類等も確認します。
書類確認が済みましたら、残代金・固定資産税等の清算金の受領、各諸費用の支払い及び管理規約やパンフレット、付帯設備の保証書など関係書類と鍵一式を買主様に引渡して頂きます。

○決済に際し売主様にご準備頂くもの
(1)印鑑(実印) (2)印鑑証明書・住民票(所有権移転登記用) (3)登記費(抵当権抹消用) (4)関係書類 (5)鍵一式 (6)仲介手数料の残額

お疲れ様でした。
売却ご用命に
”みーとヒア”をよろしくお願いします。